配筋検査を受けました。新築注文住宅 郡山市深沢 K様邸です。

2021.01.16 (土)
営業 吉田
こんにちわ。大原工務店 住宅事業部 新人営業の吉田です。

最近、納豆にキムチとマヨネーズとごま油を入れて食べるのにハマっています。

コクが出てとても美味しいのでオススメですよ~(^^)/

さて、郡山市深沢にて新築注文住宅を建設中のK様邸では配筋検査を行いました。

住宅センターさんに検査を依頼しています。郡山市深沢| 郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ

配筋検査とは、、、

瑕疵保険に必要な検査の1つです。

構造計算に基づいた図面通りに鉄筋が正しく配置されているかの検査になります。

コンクリートを打設してしまうと見えなくなってしまう大事な所なのです!

大原工務店では自社のチェックはもちろんですが第三者機関である住宅センターさんに検査していただき、見落としがないようにしています。

配筋が図面と合っているか検査しています。郡山市深沢| 郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ

さっそく検査の様子になります~!

図面と照らし合わせながら地盤の確認や構造計算の確認をしていきます。

配筋は基礎の耐久性や強度への影響が大きいので確実にチェックしていただきます。

基礎スラブ配筋のピッチをチェックしています。郡山市深沢| 郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ

次は実際にスケールを使って基礎スラブ配筋のピッチをチェックしていきます!

場所によって150㎜ピッチ、200㎜ピッチと構造計算に基づいた設計により間隔が変わってくるそうです。

しっかり図面通りですね~。基礎屋さん、さすがです(^^)/

立ち上がり部分の配筋の確認です。郡山市深沢| 郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ

次に立ち上がり部分の配筋の確認です。

ここでもピッチの間隔が合っているか、歪みや垂れがないかなどをチェックします。

スタッフと呼ばれる測量器での検査と目視チェックはもちろん、しっかり写真にも記録してもらいます。

基礎底盤のかぶり厚さの検査です。郡山市深沢| 郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ

最後に基礎底盤のかぶり厚さの検査です。

かぶり厚さとは鉄筋表面からコンクリート表面までの最短距離のことです。

耐久性、耐火性、構造耐力が得られるように厚さにも決まりがあるのです。

基礎の基準である「6㎝以上」をしっかりクリアできていますね~!

無事に検査も合格しましたのでこれから工事が進んでいきます。

住宅センターさんありがとうございました(^^)/

モデルハウス見学会のページです。郡山市安積町| 郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ

モデルハウスのご案内です。

大原工務店ではライフボックスと言うモデルハウスがあります。

シンプルでカッコいいキューブ型のお家です。

場所は郡山市安積町です。

ご予約いただければいつでもご覧いただけます!

詳しくはこちら↓
モデルハウスのページです。

ワンタンスープ美味しいです。郡山市安積町| 郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ

最後にセブンイレブンのスープシリーズをよく食べています。

具だくさんで野菜もたくさん入っているので栄養たっぷりです!

免疫力つけて強い体を作りたいと思います(^^)/