本宮市岩根みずきが丘 外壁コーキング 割れ修理

こんばんは。監督の渡邉です。


年明けの月末。みなさん忙しいようです。


今日は、郡山市を離れ、本宮市の現調をしてきました。

コーキングが割れている・・・・・・(+_+)

割れ


方角・日の当たり具合・年数による劣化。等々・・・・・・


様々な要因で、コーキングは劣化します。


約10年くらいで、コーキングは硬化し、割れやすくなってしまいます。


その状態のまま放置してしまうと、雨水が侵入し、


外壁や下地が傷んでしまうというわけです・・・・・


写真ではわかりませんが、コーキングはまだ柔らかい状態でした。


・・・・・・・・・では、原因は?


おそらく、外壁にコーキングがしっかり付着していなかったのでは。と、思いました。

コーキングの流れ。

プライマー


外壁の継ぎ目部に、コーキングを充填していきます。

 

上記写真は、プライマーを塗布している状況です。

 

コーキングが外壁にはみ出す事が無いように、テープを貼り、


接着剤(プライマー)を塗っていきます。


基本的に、屋外のコーキングを充填するときは、

 

かならずプライマーを塗ります。

コーキング


専用のガンで、コーキングを充填。


こて仕上げをし、テープを撤去したら完成です。


・・・・・・・おそらく、コーキング施工の際、


プライマー接着が悪かったのかもしれません。

 

早急に手配して、修理します!!!