内窓二重サッシ取付の下準備。郡山市深沢

 こんばんは。監督の渡邉です。
少し夏バテぎみの一日でした・・・・。シャキッとしないとですね^^;

 内窓二重サッシを取り付けるための下準備をしてきました!!
窓
 断熱改修、防音効果、結露防止など性能をよくする為に現在取りついているサッシをそのまま生かし、
新たに内側にサッシを取りつけます。内窓改修工事です。
 取り付ける物にもよりますが、シングルガラスの取付でよければ、予算的にもかなりお安くできます!!
結露の事や断熱性能のことも考えると、少し高くなってもペアガラスを取り付けることをおすすめします。
枠
 内窓を取り付けるためには、枠の大きさが7㎝~8㎝の寸法が必要となります。
今回は、枠の大きさが必要寸法あるため、解体せずそのまま生かすような施工に決まりました。

 そこで問題が発生!!昔流行ったと言われている枠なのですが、段差があります。
内窓の枠を取り付けるためには、この段差を無くし、フラットな状態にしなければなりません。
加工
 そこで、大工さんの腕の見せ所ですね!!
段差の部分の寸法を測定し、事前に加工して木材を作ってしまいます。
この状態では、生木の為、取り付ける前にあらかじめ塗装をして色を合わせておきます。
事前に加工、塗装を済ませておくことで、工期の短縮につながります。

 現場で加工し、塗装をすると、ゴミもたくさん出てしまうし、何より一日で終わらることが難しくなります。
ここまで準備をすれば、一時間~二時間くらいで取付が終わる予定です!!
 明後日取付予定なので、完了したら報告します!!