注文住宅H様邸 着工しました!! 郡山市七ツ池新築工事

 こんばんは。監督の渡邉です。
今日も一日暑かったですね!!写真撮ってただけで、汗かいてました^^;

 さっき倉庫の暗い中で荷積みをしているとき、滑って転びました・・・・・。
打ち所が悪くて・・・・。これ以上は怒られるので言いませんが。(とは言っても専務にがっちり怒られました(笑))
視界が悪い中、作業をするな!!ということですね。慣れた作業ほど油断大敵ってやつです。
お気をつけください<(_ _)>
丁張
 天気は晴れ。本日、大安!!
ということで、いよいよ七ツ池注文住宅着工しました(*^_^*)
 
 建物の廻りに杭と貫板で廻りを囲み、その上に基準となる水糸を張ります。「遣り方(丁張)」と言います。
簡単に言いますと、基準となる境界からの離れを水糸を張り、正確な位置を出しをすることです。

 基礎の位置が決まるとても大切な作業です。間違ってしまえば、完了検査が通らなかったりと大変なことになってしまいます。
・・・・・その為、丁張後は境界からの離れと基準となる高さを必ず検査します。
 今回も社長と一緒に確認しました!!

仮設
 仮設の電気の引込も完了したので、準備万端です。
この電気は、工事中のみ使用するために申請し、設置します。実際に住み始めた時に使用する電気は別に申請をします。

 今日は、根切りの途中まで進んだので、明日から砕石敷き込みと進んでいきます(^^)v
ちなみに、根切りとは土を掘ることです。