屋根野地板・石膏ボード・ルーフィング張り。郡山市七ツ池町H様邸

 こんばんは。監督の渡邉です。
今日は一日天気が悪く、屋根の施工を行っている間、気が気じゃありませんでした(+_+)

郡山市七ツ池町H様邸、屋根施工を行いました。
野地板

 屋根の下地は、梁の上に垂木と呼ばれる木材を流し、その上に合板下地を張っていきます。
ひねり金物

 垂木は、梁に釘止めをしますが、外れたり、横ずれ等しないようにひねり金物で固定していきます。
垂木を一本一本留めていくため結構手間がかかります^^;
石膏
 今回の屋根仕様は、ガルバリウム鋼板を使用した板金屋根です。
板金屋根は、雨音が気になるという難点がありますが、少しでも雨音を軽減する為、石膏ボードの敷き込みを行っています。
 野地板の上にボードを敷いたら、屋根の防水層となるルーフィングを敷いていきます。
 ここまで施工すれば、屋根から雨が垂れてくる心配はありません!!

 しかし、下屋の敷き込みは間に合いませんでした(*_*)下屋部分と外壁をなるべく早く塞ぎたいと焦っています^^;
梅雨時期なので、外部が塞がってしまえば、とりあえず一安心なので・・・・・がんばります<(_ _)>