基礎断熱工法を採用した郡山市 新築工事 A様邸

2016.05.08 (日)
工務部 加藤
こんにちは、今年の夏に向けて筋トレ中の工務部加藤です。
今回は、前回の記事と被るところがありますが郡山市の新築工事で採用している基礎断熱工法について書いてみます。
KIMG0807-150x150
一般的な床断熱工法は、床下に断熱材を設置する工法ですが、基礎断熱工法は、断熱材を設置する場所が基礎の内側の工法です。

まず下準備として、基礎外周に気密パッキンを隙間なく並べていきます。そしてジョイント部に気密テープを貼ります。
KIMG0825-150x150
基礎の外周面の内側1000mmまでとその立ち上がりに押出し法ポリスチレンフォームの3種bと呼ばれる規格のものを施工していきます。JSP社のミラフォームMKSというものです。


KIMG0824-150x150
そして土台と断熱材の間に発泡ウレタンスプレーを吹き付けて隙間を埋めていきます。

隙間があっては断熱の意味がありません。
見えなくなるところなので断熱欠損しないようにしっかりチェックしていきます。