郡山市田村町上行合 N様邸防音処理 断熱材設置 天井張り

こんにちは。監督の渡邉です。

 

朝、6時くらいに起きるのですが、その時間には外が明るくなってきました。

 

朝、起きて外が明るいと、とても気持ちがいいです(^_^)


今日は、以前紹介したN様邸 天井梁張りの施工の紹介をします。

 

                   前回の内容は、こちら

before
施工前

施工前は、床下地と梁が見えていました。
|郡山市 家づくり 大原工務店の家造りのこだわり
after
施工後


下地を組んで、ボードを張り付け、この後クロスを貼って施工完了です。

 

音がしにくくなりました!(^^)!・・・・・・しかし、莫大なお金をかけ工事をしない限り、


どんな施工をしても音がまったく聞こえなくなる事はありません。

養生


がっちり養生します。最初の養生が肝心です。手を抜くと、掃除がとても大変になります。

 

高い位置の作業になるので、簡易的ではありますが、足場を組んでいきます。

下地


下地を組みます。今回は、2階の音が気になるということなので、


下地を梁に直接ぶつけませんでした。音の伝わりを少しでも減らすためです。

 

本当は、梁に直接ぶつけた方が楽なのですが・・・^^;大工さん、ありがとうございましたm(__)m

断熱材


断熱材を入れます。吸音材の役割ですね。

 

梁を表しにする場合は、事前にお客様とお話しした上で施工しないといけないですね^^;