ずっと賃貸で暮らす?思いきって家を建てる?生涯家賃とローン換算を比べてみました♪

2016.01.13 (水)
広報 大原伸子
生涯家賃とローン換算
こんにちは、事務の大原です(*^_^*)

唐突ですが、みなさんのお住まいは賃貸でしょうか?持家でしょうか?
新築住宅を建てるときに「家賃って払ってても自分のものにはならないし、
それなら家を建てよう!」と決断される方もお客様の中にはいらっしゃいます。

私たちは、「賃貸」か「持家」かのどちらかを選択しなければなりません。

そこでちょっと面白い記事を見かけたのでご紹介したいと思います♪(参照:システムデザイン・アクティ)
「生涯賃貸暮らし」を選択した場合を想定してみました。

生涯家賃とローン換算

仮に、夫30歳。平均寿命80歳までを生涯期間とします。(上昇率0.5%)

①家賃8万円とすると、生涯家賃は5,438万円

②生涯家賃5,438万円を住宅ローンに逆算すると、3,436万円
 ※金利2.0%、返済期間50年と仮定して元利均等返済で計算

③今後家賃のみに働く期間は15.1年間
 ※生涯家賃5,438万円÷手取り年収360万円

住宅ローンや資金計画についてお気軽にご相談ください
こうやってあらためて計算してみると、家賃ってかなりの金額になるんですね~(^_^;)

なんとなくはわかっているものの、長期的なスパンで数字を出されるとビックリです。

当社は家を建てる会社だからと言ってみなさんを煽っているわけではないのですが、(←いや、建てていただければ嬉しいです(笑))同じお金を使うならば、大切なご家族、そしてご自身の資産として残るマイホームをおススメします。

当社ではプランの段階で、見積書と一緒に資金計画表を提出させて頂き、全体予算に無理はないかを確認しながら家づくりを進めていきます。

住宅ローンのご相談から、お客様のご要望に合う最適なローンのご提案までさせていただけますので、まずはご相談ください♪