雨樋角リフォーム工事 郡山市喜久田町S様邸 割れ修理しました

こんにちは。監督の渡邉です。

 

今日はとても暖かい一日ですね。

 

気温差が激しく、体調を崩しそうです・・・・・

 

今日は、雨樋修理の紹介をします。

施工中


上記写真は、割れた部分を切断した写真です。

 

割れの大きさにかかわらず、受け金具2個分は切断します。

 

角の部分は、重みに耐えられず雨樋が垂れてしまう可能性があるからです。

施工後


軒樋のつなぎは、専用のカバーでつなぎます。


施工自体は、一日もかからない作業ですが、


場所によっては、高所作業車が必要な場合もありますので、

 

事前調査が必要です。

 

雨樋の角は、震災時、電気の引き込み金具で割れたというケースが多いようです。


その他にも、雨樋は収縮するので、

 

伸び縮みするうちに、割れてしまう場合もあります。^^;