注文住宅の仕様決めシートの作成をしました。

こんばんは、社長の大原です。

今日は、一日会社の中でパソコンとにらめっこです。
いや~、肩がこりますね~~(>_<)

夕方には、スゴイ夕立がありましたし雷には十分気を付けて下さい。

さて、今日は先日の仕様決めの反省から、仕様決めのシートの手直し及び作成をしました。

和室仕様

これは、和室の仕様決めシートです。
和室の造作材は、無垢の材料を使用します。

床の間の床柱は、黒檀の床柱・床框も黒檀・地板は欅の地板です。

地板とは、床の間などに張る板のことを言います。
和室仕様2

こちらも、和室の仕様決めシートです。

これの中身は、畳、畳のヘリ、戸襖の仕様や、天井の仕様です。

当社の和室の天井は、シナべニアの目透しの天井が標準です。
シナの目透しの天井は、はっきりと言ってカッコイイです。
なんか、私が言うと嘘っぽいかも(笑)
外部仕様決め

そしてこれが、外部の仕様決めシートです。

屋根材はガルバリウムの縦葺き、横葺き、平板瓦。
そして雨樋、破風、軒天、バルコニー手摺などの仕様です。

排気口は、更科製作所のシルバーの物を使います。
結構、排気口などは気にしないメーカーが多いですが、外観をかっこよくするには、細かい所が大事です。
例えば、排気カバー、雨樋、バルコニーの手すりなどがとても重要になってきます。
細かい所をこだわれるかどうかは、私たちがこだわらなければダメなところです。

なので、細かい所にこだわってより良いもの、カッコイイと思える住宅を造って行きたいですね~~。

シッカリと仕様決めシートを作成して、お客様にわかりやすい仕様決めが出来るようにしたいです。

やはり、「破風」「軒天」「水切り」なんて言ってもふつうは知らないですからね~。

写真でお話しながら決められるものを頑張って作成します~~。