郡山市富田町 応急仮設住宅 ユニットバス 手摺取付工事

郡山市富田町 応急仮設住宅 ユニットバス 手摺取付工事

こんにちは、社長の大原です。


今日、昨日ととても寒くて水道管の凍結が多発してます。


みなさん注意してくださいね~。


もし、凍結、水道管の破裂などが出れば対応できますので、お気軽にご連絡ください。


さて、本日は郡山市富田町の仮設住宅でのお仕事です。


ユニットバスの手摺取付工事なので、私が行って取りつけてきました~。

手摺

施工前

ユニットバスの壁が、金属製なので簡単に取付が可能です。

樹脂製(プラスチック)の壁の場合は、簡単には取付できないので、素材に対する注意が必要です。
手摺

今回取付をする手摺です。

表面は、濡れても滑りにくい素材になっています。



さぁ、いよいよ取付開始です(^o^)
手摺1

まずは、取り付ける場所を決めてビス(ねじ)を止める穴にしるしをしていきます。

この時、しっかりとメジャーで計っておかないと、仕上がりが斜めになってしまうので結構重要な工程です。
マーキング

しるしをつけるとこんな感じです。

この状態で、再度メジャーで計りなおして確認すると、失敗がなくGOODです。(>_<)
穴あけ

さて、しるしをつけたら次の工程です。


鉄骨用のドリルの刃で穴をあけていきます。


ドリルの刃は、木工用、鉄鋼用、ステンレス用、コンクリート用などがあるので、もし使われる方注意して買ってきてくださいね(笑)
穴あけ1

穴あけも終了しました~。


さぁ、次はいよいよ取付か~??


いえ②、次も大事な工程があるのです。
コーキング

コーキング2

次は、穴にコーキング(防水材)を入れていきます。


この工程をごまかすと、後々に水が壁の中に入るリスクが高くなります。


なので、見えない部分がとても大事なのでシッカリとやらねばです(>_<)
取付

ここまでくれば、もう終わったも同然です。


電動ドライバーで、専用ねじを止めていきます。
ビス止め

全部締め付け完了です。


この時も、締めすぎると壊れやすくなるので、締めすぎ注意です。
ねじ完了

ねじを両側締め付け完了です。


あとは、カバーを付けておしまいです。
カバー完了

これで完成です。
掃除

完了と思いきや~~~~~~。


最後にもう一仕事、きれいに掃除をしておしまいです。


来た時よりも美しく~~基本ですね(笑)
before
設置前

設置前は、自分でつけた手摺なので小さくてすべるので危険だったそうです。


高さも、高過ぎて使いにくかったそうです。
|郡山市 家づくり 大原工務店の家造りのこだわり
after
設置後

新しく設置した手摺は、大きくて滑りにくい素材のものです。


これで、安心してお風呂に入ってもらえますね~~~~(>_<)


みなさん、手すりを取り付ける際は若干低めの位置をおススメ致します。


なぜか、体重をかけるのに肘が曲がっていると大変だからです。


なので、手摺設置の高さは、床面から75㎝~85cmで取付を考えてくださいね~。


少し低いかな~の感じでちょうど良いと思います。


もし、取付をお考えので悩む場合は、ご相談下さい。