郡山市安積町K様邸 外構工事 タイル・ブロック割れ補修

2014.01.20 (月)
大原工務店

こんにちは。監督の渡邉です。

 

 

休み明けの月曜日。

 

 

天気も良く暖かい一日ですね。

 

 

今日は、外のタイル(ブロック)補修を紹介します。

施工前


お客様から連絡があり、現場を見に行きました。


 

地震で割れてしまったと言っていたので、


 

外のタイルが割れたのかな?と思っていました。

 

 

が、タイルとは違う材料で、平板ブロックという材料を使用していました。


 

 

平板ブロックは、タイルよりも厚い材料で、外構のアプローチなどに使われます。

 

 

震災後、ひびが入った部分から水が入り、

 

ボロっと取れてしまうということがよくあります。

施工中

築20年以上経過していると、材料自体が存在していない可能性が高くなります。


割れの補修のみだったので、接着剤とモルタルで取付けます。

 

上の写真は、プライマーを塗布している状況です。

施工完了!!

施工後


一枚のみまったく違う材料を使うと、かなり目立ってしまいますが、


 

割れの補修であれば、あまり目立たなくなると思います。


 

作業時間も工賃も少なくできたので、お客様も満足でした(*^_^*)