工務部スタッフブログ

土台、敷きました。郡山市桜ケ丘 新築住宅T様邸

2021年9月6日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは、大原工務店 工務の加藤です。

郡山市桜ケ丘で建築中のT様邸では、土台敷きをさせていただきました。


郡山市桜ケ丘のT様邸で土台敷きをさせていただきました。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
土台敷きとは、建て方前に行われる工程で、

コンクリートで作った基礎の上に

土台と呼ばれる横架材を設置して住宅の骨組みを造っていく工程です。

加えて大引き、床合板の設置までをいう場合が多いです。
スタイロホーム3種Bの60mmを基礎断熱に採用。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
T様邸では、基礎(内)断熱を採用しており、

スタイロホーム3種Bの60mmを基礎外周の立ち上がりとスラブに敷き詰めます。

隙間は発泡ウレタンスプレーで処理。


気密パッキンで土台と基礎の間の隙間をなくします。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
また、基礎と土台の間には、気密パッキンを挟みます。(黒いやつ)

気密パッキンの隙間にはシーリングを充填です。(白いやつ)
気密の道は土台から|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
さらに土台の上に床合板を設置するのですが、

その間にもシーリングを充填し、隙間を減らしていきます。

余計な隙間を極力減らす。
気密性が上がる。
冷暖房の効率化が捗る。
光熱費が下がる。
お客様にっこり。

土台敷きの時から気密工事は始まっているんですね。


見学会|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
大原工務店では、完成見学会を行います!!

実際に、建てていただいたお施主様のお家です。期間限定のイベントです。

黒いキューブ型のお家で、かなりかっこよく仕上がってます。

外観も内観もカッコよく、気密性もいい、最高のお家です。

予約募集が始まったので、気になる方!!

まずはコチラ→見学会ページ

敷地調査を行いました。 郡山市富田町 新築注文住宅 S様邸

2021年8月25日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは!大原工務店 工務部の太田原です(。-`ω-)

最近、お家で運動するのにハマっています!
なにかおもしろい運動があれば教えてください~い(*´▽`*)


さて、大原工務店でこれから新築注文住宅を建築予定のS様邸の土地の敷地調査を行いました。
新築住宅の敷地調査を行いました。郡山市富田町 | 郡山市 新築注文住宅 大原工務店のブログ
敷地調査とは、これから建築予定の土地の敷地に関わることを調査することで、大原工務店ではゾーニング(その土地に対する建物の配置決め)やプランニングのために早めに動いております。

外構計画にも影響してくるので、敷地や道路の高さ・境界杭の有無・越境物の確認・上下水道の確認などを確認します。
新築注文住宅の敷地調査を行いました。 郡山市富田町
今回は、大原工務店の設計のマガオイルと敷地調査を行いました。

面積や隣地との関係は、市役所などからもらえる図面でだいたいは分かりますが、実際の土地を見てみると越境物や障害物があったりする場合もあるので、事前に調査することが大事なんですね~( `ー´)ノ

高さの測定には、大原工務店ではおなじみのレーザーレベルを使用いてきます。
写真の右側にある赤い機械がレーザーレベルになります。
新築注文住宅の敷地調査を行いました。 郡山市富田町 | 郡山市 新築注文住宅 大原工務店のブログ
さきほどのレーザーレベルから出る光を受光機で受け取って高さを計測していきます。

お家を建て終わったあとに、予定していた外構計画ではうまくいかず、予期せぬ費用が発生してしまうことを防止するためにこまめに測っていきます。

新築注文住宅の敷地調査を行いました。 郡山市富田町 | 郡山市 新築注文住宅 大原工務店のブログ
その他にも、建築するにあたって敷地以外にも問題がないか隣地や道路の状況も確認します。

写真は、電柱の位置と電線が問題ないかを記録しているところです。

大原工務店では、外構も含めお客様にカッコイイお家をイメージして頂くために、こういったところにも注意して確認しております。

どんなカッコイイお家が建つのかいまから楽しみです~(*´▽`*)

上棟、おめでとうございます。郡山市富田町 T様邸新築工事

2021年8月8日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは、大原工務店 工務の加藤です。

郡山市富田町で建設中のT様邸新築工事で、上棟しました。

T様、上棟おめでとうございます。


郡山市富田町T様邸で上棟しました。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
上棟とは、棟と呼ばれる、

家の一番高いところにある横架材(おうかざい、横に架かる材)が上がることをいいます。

大工さんに昔話を聞くと、いろいろ面白い話が聞けるんですよ。

「昔は足場なんかなかった。」

「2階から落ちた。」

「クレーンに吊るされて上り下りしていた。」

などなど。
火打ちのボルトも通します。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
今では、足場もかけるし(当たり前)、

脚立を使って高いところに立たないようにしてもらってます(できる限り)。

クレーンに吊るされることもありません(サーカス団ではない)。
防風さげふりで家の垂直を見ます。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
梁や柱を組み上げていくと、大事な工程があります。

「屋直し」という、家の垂直を見る工程です。

1階、2階の複数個所で下げ振りを使って監督立会いの下、チェックしていきます。


T様、上棟おめでとうございます。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
ちなみに、地鎮祭のときの地縄を見て、「え、家、小さくないですか?」

と、ほぼすべてのお施主様からお話をいただきますが、

上棟すると、「え、家、大きくないですか?」に変わります。

これから地鎮祭を迎えるお施主様、安心してください。


改めまして、T様、上棟おめでとうございます。

これからも一生懸命工事を進めてまいります。

よろしくお願いいたします。


ライフボックス|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
モデルハウス、「ライフボックス」のご案内です。

「ライフボックス」は、シンプルでカッコいいキューブ型のお家です。

モデルハウスは完全予約制です。
ご予約いただければ
平日・土日いつでも夜8時までご覧いただけます。

詳しくはこちら↓
郡山市安積町モデルハウス「ライフボックス」

上棟、おめでとうございます。郡山市日和田 W様邸新築住宅

2021年7月22日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは、大原工務店 工務の加藤です。 

郡山市日和田で建築中のW様新築工事では、無事、上棟いたしました。

W様、おめでとうございます。
郡山市日和田のW様邸新築工事で上棟しました。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
「上棟」とは、「建て方」、「建前」、「棟上げ」とも呼ばれ、

大工さんがカッコよく見える、貴重な一日です。
土台敷きを経て~|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
土台敷を経て~、
(基礎コンクリートの上に土台と呼ばれる材木を設置していく工程。
 防蟻処理も行います。緑色は防蟻処理の証。
 白いふわふわは床下断熱の証。)
屋直しを経て~|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
屋直しを経て~
(各階ごとに防風さげふりという道具を使って、建物の垂直を出す工程。
 斜めに固定された材木(仮筋違)は屋直しが終わった証。)
これが上棟|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
棟木を上げます。
(棟木とは建物の中で一番高いところにある横架材(横に設置する材木)です)

W様、おめでとうございます。

さらに棟木に垂木を掛けを経て~
桁上の断熱材|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
さらにさらに桁上に断熱材の充填を経て~
(大原工務店では全棟、桁上断熱を採用しています。
 防湿気密の観点、断熱欠損の防止の観点からです。)
W様おめでとうございます。大工さんおつかれさまでした|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
あとは野地板(のじいた)敷きを経れば、

あっという間にカッコイイ寄棟の家が現れます。

重厚感たっぷりの素敵なお家を仕上げてまいります。

改めましてW様、上棟おめでとうございます。

これからも一生懸命施工してまいります。


ライフボックス|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後にモデルハウス「ライフボックス」のご案内です。

「ライフボックス」は、シンプルでカッコいいキューブ型のお家です。

モデルハウスは完全予約制です。
ご予約いただければ
平日・土日いつでも夜8時までご覧いただけます。

詳しくはこちら→ライフボックス

完了検査を受けました 郡山市片平町 新築注文住宅 O様邸

2021年7月20日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは!

大原工務店 工務の太田原です(ΦωΦ)

梅雨が明けましたね~
梅雨が明けると夏到来って感じがして、昔からワクワクするんですよね~
暑いのは苦手なんですが、、、

さて、大原工務店で新築注文住宅を郡山市片平町で建築中のO様邸では、完了検査を受けました。
住宅センターさんによる完了検査です 郡山市片平町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
完了検査とは、、、
工事が完了したときに、その建物の構造・設備・敷地などが関連する法令に適合しているかどうかの検査を受けること指します。

大原工務店ではおなじみの、第3者機関の住宅センターさんによる検査になります。

この検査に合格できないと、違法建築物として扱われることも、、、
最後の最後に大事な検査なので、毎回緊張感があります(゜_゜)
住宅センターさんによる完了検査です 郡山市片平町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
まずは、外の検査からになります。

写真は、建物と境界との離れがしっかりと確認申請通りの確保されているかの検査の様子です。

その他にも、汚水マスの位置・浄化槽の種類なども確認していただきます。

建てる地域によって検査項目も変わってきます。
住宅センターさんによる完了検査です 郡山市片平町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
続いて内部の検査になります。

内部では
●換気・排気の確認
●住警器の取付け
●間取りの等の誤差がないか
●全体的に申請通りに施工されているか

などなどを検査して頂きます。
住宅センターさんによる完了検査です 郡山市片平町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後に、確認チェックシートでの質疑応答などがあります。

この待ち時間が緊張するんです~(;゚Д゚)


今回も無事に合格することができました!

O様、お引渡しまでこまかい工事がありますので、もう少々お待ちください。
カッコいいお家に仕上がってますので(●´ω`●)

☆★☆ご案内です☆★☆

大原工務店のモデルハウスです 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
大原工務店のモデルハウスのご案内です!

今回ご紹介させていただいた、O様邸と同じキューブ型の黒い外観のお家になっております。

見た目はシンプル、だけどカッコいいお家となっております。

見れば分かります!百聞は一見に如かず!

完全予約制となっておりますので、少しでもご興味のある方は是非!!

詳しくはコチラから→大原工務店 モデルハウス

新たに新築注文住宅が着工しました! 郡山市喜久田町 新築注文住宅 I様邸

2021年7月7日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは!

大原工務店 工務の太田原です(ΦωΦ)

最近運動不足で、健康管理しっかりしないとなぁ~と思いながらお菓子を食べてしまいます、、、

さて、大原工務店でこれから郡山市喜久田町に新築注文住宅を建築予定のI様邸が、着工しました!
I様おめでとうございます。
今回は、着工の丁張がどのように作られ、どのような意味があるのかをご紹介したいと思います。
丁張をかけています 郡山市喜久田町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
丁張とは・・・別名 やり方とも呼ばれ、建物の建てるために施工する、基準となる仮設工作物のことを指します。
実際の土地に、どの場所に、どの高さでお家を造るのかを表す基準と言うことです。

写真の職人さんが施工している、貫という薄板を【GL(設計地盤面)から〇〇mm上がり、基礎から〇〇mm上がり】というように設定して水平に留めていきます。

これを四方に囲っていきます。
丁張をかけています 郡山市喜久田町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
次に、囲った貫に位置出しをしていきます。

境界からの離れから基礎の芯がどこにくるかを出します。

水平器を用いて、位置を出したりするので、丁張を施工するのに2人で行うのが大事なんですね~
丁張をかけています 郡山市喜久田町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後に、矩(かね)を出して終了となります。

矩とは、直角のことを指します。

少しマニアックになりますが、貫で囲った四角形の対角の長さを計測して、さきほど位置出しした部分にズレがないかを確認する工程です。
丁張の検査もしました 郡山市喜久田町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
基礎屋さんが丁張を作ってくれたあとに、大原工務店による、丁張の検査を実施致します。

写真の真ん中にある、レーザーレベルと呼ばれる器械を使用して、BM(基準点)と丁張の高さの差を計測することによって、図面に記載されている高さ通りに施工されているかを調べます。


丁張の検査をしました 郡山市喜久田町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
次に、全長のスパンを計測します。

基礎屋さんが位置出しした釘が基礎の芯となる部分なので、釘から釘までの長さを計測していきます。

すべての方向の長さをチェックします!丁張検査はバッチリでした!

この丁張が間違って施工されていると、家の高さや位置が違ってくるので、最悪取り壊しなんてことも、、、

なので、大原工務店では、信頼している業者さんであっても丁張検査はしっかりと実施致します。

これから基礎工事がどんどん進んでいくので、またご報告いたします。

☆★☆ご案内です☆★☆

大原工務店の新築モデルハウスです 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
大原工務店のモデルハウス【ライフボックス】のご案内です!

見たらわかるシンプルでカッコいいキューブ型のモデルハウスとなっております。

完全予約制となっておりますので、少しでもご興味のある方は、ご連絡お待ちしております(●´ω`●)

百聞は一見に如かずです!

詳しくはコチラ→モデルハウスのページ

完了検査、無事合格です。二本松市若宮 A様邸新築住宅

2021年7月7日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは、大原工務店 工務の加藤です。

二本松市若宮で建設中のA様邸では、完了検査を受けました。
二本松市若宮で建築中のA様邸で完了検査を受けました|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
完了検査とは、建築工事が完了したときに

建築主事(県や市の偉い人)か指定確認検査機関(ここでは住宅センターさん)に

着工前に提出していた図面と、実際に建てた建築物に相違がないか?を確認してもらう、

建築基準法の基づく検査です。
完了検査をする検査員さんの背中ってカッコイイ|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
この検査に合格しないと、

原則としてその建物を使用できない、とても大事な検査なのです。

私はいつも完了検査のときはガクブルです。

一日三食しか食べれないし、6時間くらいしか寝れません。


境界杭、境界からの離れの確認|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
検査の内容としては、外部では境界杭、境界から建物の離れなどの確認をしてもらいます。

ここは配筋検査の時にも確認してもらっているので安心です。
階段を確認中の検査員さんの背中ってカッコイイ|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
内部では

給気、排気の経路の確認

火災報知器(住警器)の確認

階段の幅、踏板の奥行、蹴上の高さの確認

間取りに相違がないかの確認

などをしてもらいます。
物書きしている検査員さんってカッコイイ|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
それらの確認事項を専用用紙に記入してもらえれば、検査は終了です。

今回も無事合格しました。

次はお施主様チェックに向けて、細かい是正工事です。

残りわずかですが、しっかり工事させていただきます。
大原工務店のライフボックス|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後にモデルハウス「ライフボックス」のご案内です。

「ライフボックス」は、
シンプルでカッコいいキューブ型のお家に仕上がってます。

モデルハウスは完全予約制です。
ご予約いただければ
平日・土日いつでも夜8時までご覧いただけます。

詳しくはこちら→ライフボックス

上棟検査、合格です。本宮市白岩 W様邸新築工事

2021年6月12日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは、大原工務店 工務の加藤です。

本宮市白岩で建築中のW様邸新築工事では、上棟検査を受けてきました。
本宮市白岩のW様邸で上棟検査を受けました。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
上棟検査とは、瑕疵保険に必要な検査の1つで完成時には見えなくなってしまう、

主要構造部の柱や梁・耐力壁などの施工や金物・筋かいなどの施工がしっかりされているか?というのを第3者機関に確認していただく検査になります。

金物検査とも呼ばれています。

施工に不備があると工事が進められなくなるので、事前にしっかり自社検査をしてから臨みます。
図面通りに施工されているかをチェック|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
提出している図面と現場の施工の整合性が取れているかを図面を見ながら、

1つ1つチェックしてもらいます。
透湿防水シートをチェック|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
外壁の透湿防水シートの施工も見てもらいます。

読んで字のごとく、湿気は通すけど水は通さないシートです。

大原工務店で標準採用している透湿防水シートは、

アルミコーティングによる遮熱効果で壁内結露を徹底防止してくれる日本住環境さんのジョシーツLXシルバー。

沢山写真を撮ってくれました。
筋違金物をチェック|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後に検査項目を質疑確認・目視確認の形式で検査用紙にまとめていきます。

基礎や屋根の施工など、

この時点で見えなくなってしまった項目は、

質疑応答での確認になるので元気な声でお答えします。


結果は無事合格です。カッコイイ寄棟の平屋のW様邸、断熱気密工事に進んでいきます。
大原工務店のライフボックス|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後にモデルハウス「ライフボックス」のご案内です。

シンプルでカッコいいキューブ型のお家です。

モデルハウスは完全予約制です。
ご予約いただければ
平日・土日いつでも夜8時までご覧いただけます。

詳しくはこちら↓
郡山市安積町モデルハウス「ライフボックス」

配筋検査を受けました 郡山市安積町 新築注文住宅 Y様邸

2021年5月26日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは!大原工務店 工務の太田原です(ΦωΦ)

今年は梅雨入りが早いですね~
例年よりも1か月早いなんてあまり経験したことないのでビックリです( ゚Д゚)


さて、大原工務店で郡山市安積町に新築注文住宅を建築中のY様邸では、基礎工事の鉄筋の検査である、配筋検査を受けました。
鉄筋を組んでいます 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
検査前の基礎屋さんが鉄筋を組んでいるところです。

この鉄筋が図面通りに配置されているかを検査していただくのが、【配筋検査】になります。

配筋検査は、瑕疵保険に必要な検査の1つです。

鉄筋の組み方・種類・本数など構造計算に基づいた図面通り施工されているかを検査していただきます。
住宅センターさんによる検査です 郡山市安積町
大原工務店では、自社検査とは別に第三者機関の住宅センターさんに検査をお願いしています。
ダブルチェックすることで、施工ミス・漏れを防ぐことができるので安心ですよね☺

今回は、大原工務店 設計部とともに検査に立ち会いました。

では、さっそく検査の様子を見てみましょ~
スラブ(底盤)のピッチの検査です 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
まずは、スラブ(底盤)の鉄筋の確認になります。

写真は、鉄筋のピッチが図面通りの間隔で施工されているかをスケール(定規)を当てて確認しているところになります。

住宅センターの方も写真を撮って記録に残してもらっております。

立上がり部分のピッチの検査です 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
スラブ部分の他にも、立ち上がり部分の鉄筋のピッチの確認も写真に残してもらいます。

それ以外にも、コンクリートのかぶり厚さや使用している鉄筋の太さ、補強筋の施工状況、継手の施工状況や定着の長さなどもチェックしてもらいます。

配筋は基礎の耐久性や強度への影響力が大きいので、とても重要な検査なんです( `ー´)ノ
図面との整合性の確認です 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後に、全体的に図面通りに鉄筋が配置されているか、施工漏れがないかなどを確認して頂きます。
しっかり施工されていなければ、構造計算をかけても意味がありませんからね~(+o+)

検査の結果は、問題なく合格しました!!!

合格するとコンクリートを打設します。打設すると鉄筋が見えなくなってしまうため、検査項目や検査員の方の目も厳しい検査なんです(;゚Д゚)
それだけ大事な検査ということですね!

☆★☆ご案内です☆★☆

大原工務店の新築モデルハウスです 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
大原工務店の新築モデルハウスのご案内です!!

シンプルでカッコいいキューブ型のお家になります。

百聞は一見に如かず‼少しでもご興味のある方はご連絡お待ちしております(●´ω`●)

完全予約制となっております。

詳しくはコチラから→大原工務店のモデルハウス

土台、敷きました。本宮市白岩 W様邸新築工事

2021年5月25日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは、大原工務店 工務の加藤です。

本宮市白岩で建築中のW様邸新築工事では、土台敷きが行われました。
本宮市白岩のW様新築工事で土台敷|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
土台敷きとは、

基礎の上に水平に角材(土台)を設置してお家の骨組みを造っていく工程です。

土台は、構造躯体の中で「あえて」順位をつけるとするなら、

基礎部分の次に重要な部分です。(地面に近いほど重要)


土台にエコボロンを塗布中|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
大原工務店の土台は、耐久性耐朽性ともに高いヒノキ材を採用しています。

昔から「ヒノキはシロアリの心配はない。」といわれています。

しかし、防腐防蟻処理を怠ると、大きな蟻害を招くことになりかねません。

実際にヒノキの土台、柱でもシロアリに食べられてるケースは多々あります。

(確かにマツなどよりは強いですが。)


大原工務店の土台はヒノキ材|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
ですので大原工務店では、土台に防腐防蟻剤を塗布してもらいます。

土台の裏側は、工程上すぐに見えなくなるところなので、

しっかり確認します。(現場に間に合わず写真が取れない場合、大工さんに撮ってもらいます。)

大原工務店で採用している防腐防蟻剤(ぼうふぼうぎざい)は、エコパウダー社のエコボロン。

ホウ酸塩を主原料としていて、哺乳類にとっての急性毒性は食塩と同程度だそうです。

(腎臓を持たない生物だと消化しきれず餓死するそうです。)

また、揮発や分解によって無くなることがないので、「乾燥状態」であれば半永久的に効果を発揮してくれます。

玄関、ユニットバス周りは気密パッキン|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
その「乾燥状態」を担保するために、

床下断熱の場合は、基礎パッキン工法を採用しています。(玄関廻り、ユニットバス周りは気密パッキン)

床下を空気の通り道にすることで、乾燥状態を保ちます。

ヒノキ×エコポロン×基礎パッキンの三位一体で、

土台の耐久性と耐朽性を確保です。

ちなみに「土台が崩れる」という慣用句は、

建築用語から派生し、一般的に使われるようになった言葉です。

建物が元から崩壊する様の例えで、土台は特に重要な部分だと昔から考えられていたんですね。
ライフボックスのご案内です。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後にモデルハウス「ライフボックス」のご案内です。

シンプルでカッコいいキューブ型のお家です。

モデルハウスは完全予約制です!
ご予約いただければ
平日・土日いつでも夜8時までご覧いただけます。

詳しくはこちら↓
郡山市安積町モデルハウス「ライフボックス」
present