工務部スタッフブログ

上棟検査、合格です。本宮市白岩 W様邸新築工事

2021年6月12日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは、大原工務店 工務の加藤です。

本宮市白岩で建築中のW様邸新築工事では、上棟検査を受けてきました。
本宮市白岩のW様邸で上棟検査を受けました。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
上棟検査とは、瑕疵保険に必要な検査の1つで完成時には見えなくなってしまう、

主要構造部の柱や梁・耐力壁などの施工や金物・筋かいなどの施工がしっかりされているか?というのを第3者機関に確認していただく検査になります。

金物検査とも呼ばれています。

施工に不備があると工事が進められなくなるので、事前にしっかり自社検査をしてから臨みます。
図面通りに施工されているかをチェック|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
提出している図面と現場の施工の整合性が取れているかを図面を見ながら、

1つ1つチェックしてもらいます。
透湿防水シートをチェック|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
外壁の透湿防水シートの施工も見てもらいます。

読んで字のごとく、湿気は通すけど水は通さないシートです。

大原工務店で標準採用している透湿防水シートは、

アルミコーティングによる遮熱効果で壁内結露を徹底防止してくれる日本住環境さんのジョシーツLXシルバー。

沢山写真を撮ってくれました。
筋違金物をチェック|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後に検査項目を質疑確認・目視確認の形式で検査用紙にまとめていきます。

基礎や屋根の施工など、

この時点で見えなくなってしまった項目は、

質疑応答での確認になるので元気な声でお答えします。


結果は無事合格です。カッコイイ寄棟の平屋のW様邸、断熱気密工事に進んでいきます。
大原工務店のライフボックス|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後にモデルハウス「ライフボックス」のご案内です。

シンプルでカッコいいキューブ型のお家です。

モデルハウスは完全予約制です。
ご予約いただければ
平日・土日いつでも夜8時までご覧いただけます。

詳しくはこちら↓
郡山市安積町モデルハウス「ライフボックス」

配筋検査を受けました 郡山市安積町 新築注文住宅 Y様邸

2021年5月26日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは!大原工務店 工務の太田原です(ΦωΦ)

今年は梅雨入りが早いですね~
例年よりも1か月早いなんてあまり経験したことないのでビックリです( ゚Д゚)


さて、大原工務店で郡山市安積町に新築注文住宅を建築中のY様邸では、基礎工事の鉄筋の検査である、配筋検査を受けました。
鉄筋を組んでいます 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
検査前の基礎屋さんが鉄筋を組んでいるところです。

この鉄筋が図面通りに配置されているかを検査していただくのが、【配筋検査】になります。

配筋検査は、瑕疵保険に必要な検査の1つです。

鉄筋の組み方・種類・本数など構造計算に基づいた図面通り施工されているかを検査していただきます。
住宅センターさんによる検査です 郡山市安積町
大原工務店では、自社検査とは別に第三者機関の住宅センターさんに検査をお願いしています。
ダブルチェックすることで、施工ミス・漏れを防ぐことができるので安心ですよね☺

今回は、大原工務店 設計部とともに検査に立ち会いました。

では、さっそく検査の様子を見てみましょ~
スラブ(底盤)のピッチの検査です 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
まずは、スラブ(底盤)の鉄筋の確認になります。

写真は、鉄筋のピッチが図面通りの間隔で施工されているかをスケール(定規)を当てて確認しているところになります。

住宅センターの方も写真を撮って記録に残してもらっております。

立上がり部分のピッチの検査です 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
スラブ部分の他にも、立ち上がり部分の鉄筋のピッチの確認も写真に残してもらいます。

それ以外にも、コンクリートのかぶり厚さや使用している鉄筋の太さ、補強筋の施工状況、継手の施工状況や定着の長さなどもチェックしてもらいます。

配筋は基礎の耐久性や強度への影響力が大きいので、とても重要な検査なんです( `ー´)ノ
図面との整合性の確認です 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後に、全体的に図面通りに鉄筋が配置されているか、施工漏れがないかなどを確認して頂きます。
しっかり施工されていなければ、構造計算をかけても意味がありませんからね~(+o+)

検査の結果は、問題なく合格しました!!!

合格するとコンクリートを打設します。打設すると鉄筋が見えなくなってしまうため、検査項目や検査員の方の目も厳しい検査なんです(;゚Д゚)
それだけ大事な検査ということですね!

☆★☆ご案内です☆★☆

大原工務店の新築モデルハウスです 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
大原工務店の新築モデルハウスのご案内です!!

シンプルでカッコいいキューブ型のお家になります。

百聞は一見に如かず‼少しでもご興味のある方はご連絡お待ちしております(●´ω`●)

完全予約制となっております。

詳しくはコチラから→大原工務店のモデルハウス

土台、敷きました。本宮市白岩 W様邸新築工事

2021年5月25日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは、大原工務店 工務の加藤です。

本宮市白岩で建築中のW様邸新築工事では、土台敷きが行われました。
本宮市白岩のW様新築工事で土台敷|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
土台敷きとは、

基礎の上に水平に角材(土台)を設置してお家の骨組みを造っていく工程です。

土台は、構造躯体の中で「あえて」順位をつけるとするなら、

基礎部分の次に重要な部分です。(地面に近いほど重要)


土台にエコボロンを塗布中|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
大原工務店の土台は、耐久性耐朽性ともに高いヒノキ材を採用しています。

昔から「ヒノキはシロアリの心配はない。」といわれています。

しかし、防腐防蟻処理を怠ると、大きな蟻害を招くことになりかねません。

実際にヒノキの土台、柱でもシロアリに食べられてるケースは多々あります。

(確かにマツなどよりは強いですが。)


大原工務店の土台はヒノキ材|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
ですので大原工務店では、土台に防腐防蟻剤を塗布してもらいます。

土台の裏側は、工程上すぐに見えなくなるところなので、

しっかり確認します。(現場に間に合わず写真が取れない場合、大工さんに撮ってもらいます。)

大原工務店で採用している防腐防蟻剤(ぼうふぼうぎざい)は、エコパウダー社のエコボロン。

ホウ酸塩を主原料としていて、哺乳類にとっての急性毒性は食塩と同程度だそうです。

(腎臓を持たない生物だと消化しきれず餓死するそうです。)

また、揮発や分解によって無くなることがないので、「乾燥状態」であれば半永久的に効果を発揮してくれます。

玄関、ユニットバス周りは気密パッキン|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
その「乾燥状態」を担保するために、

床下断熱の場合は、基礎パッキン工法を採用しています。(玄関廻り、ユニットバス周りは気密パッキン)

床下を空気の通り道にすることで、乾燥状態を保ちます。

ヒノキ×エコポロン×基礎パッキンの三位一体で、

土台の耐久性と耐朽性を確保です。

ちなみに「土台が崩れる」という慣用句は、

建築用語から派生し、一般的に使われるようになった言葉です。

建物が元から崩壊する様の例えで、土台は特に重要な部分だと昔から考えられていたんですね。
ライフボックスのご案内です。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後にモデルハウス「ライフボックス」のご案内です。

シンプルでカッコいいキューブ型のお家です。

モデルハウスは完全予約制です!
ご予約いただければ
平日・土日いつでも夜8時までご覧いただけます。

詳しくはこちら↓
郡山市安積町モデルハウス「ライフボックス」

外壁工事、進んでいます。二本松市A様邸 新築住宅

2021年5月14日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは、大原工務店 工務の加藤です。

二本松市で建設中のA様邸新築住宅では、外壁工事が進んでおります。
二本松市のA様邸では外壁工事が進んでいます。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
大原工務店では、外部通気工法を採用しております。

外部通気工法とは、建物の躯体と外壁の間に通気層を設けることで、

壁体内に水分や湿度が留まることを防ぐ工法のことです。

風が通ることで結露を減らし、建物の耐久性が上がるというわけです。

二本松市のA様邸でも外部通気工法を採用しています。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
木造建築の最大の敵は湿気。

湿気が多いと木が腐り、シロアリも繁殖しやすくなります。

なのでしっかりと通気層を確保する必要があります。

大原工務店では胴縁(どうぶち)18mmと外壁用金物5mmの23mmを確保しております。
旭トステムのモザイクストーンロンテP|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
A様がチョイスした外壁は、

旭トステムさんのモザイクストーンロンテPのクリアホワイト。

スクエア基調の石をランダムに積み上げたデザインが建物をやさしく上品に彩ります。
もうすでにグッドルッキング|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
大原工務店の外壁は、標準で塗膜15年保証、

色褪せにくく、雨で汚れが落ちるセルフッ素コートを採用しています。

外壁材の性能も、長く住んでいただくお家には大事なことです。

ライフボックスのご案内です。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
モデルハウスのご案内です。

大原工務店では、

シンプルでカッコいいキューブ型のモデルハウスがございます。

モデルハウスは完全予約制です。
ご予約いただければ
平日・土日いつでも夜八時までご覧いただけます。

詳しくはこちら→ライフボックス

配筋検査、合格です。本宮市白岩 W様邸新築住宅

2021年4月25日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは、大原工務店 工務の加藤です。

本宮市白岩で建設中のW様邸新築住宅で、配筋検査を受けてきました。
配筋検査の様子です。本宮市白岩のW様邸新築住宅|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
配筋検査とは、瑕疵保険に必要な検査の一つです。

鉄筋が確認申請時に提出した図面通りに、配筋されているかどうかを確認します。

鉄筋はコンクリートを打設してしまうと、見えなくなってしまう、大事なチェック項目です。

大原工務店では自社の検査とは別に、第三者機関の住宅センターさんに検査をお願いしています。
スラブの配筋ピッチのチェック|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
第三者機関の方にチェックしていただくことにより、チェック漏れを防いでいます。

基礎のスラブ(底盤)配筋のピッチをチェックです。

しっかり図面通りです。
スラブのかぶり厚のチェック|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
コンクリートのかぶり厚のチェックです。

かぶり厚は、鉄筋からコンクリートの面(つら)までの距離のことで、

厚みが少ないと、鉄筋が腐食したり、錆びたりしてしまう恐れがあります。

そこで、かぶり厚を確保するために使用するのがこのコンクリートサイコロ。

鉄筋の下に敷くだけで、かぶり厚を確保することができる優れものです。

鉄筋の太さもチェックしてもらってます。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
住宅センターさんも、しっかりとピッチ数や厚みをスケールで測りながら写真に納めていきます。

検査の結果はもちろん合格です。

「コンクリート打設していいですよ」とお墨付きをいただきました。

鎮め物もしっかり納め、いざコンクリート打設|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
地鎮祭で禰宜(ねぎ)様からお預かりした鎮め物を建物の中心に鎮め、

いよいよコンクリート打設です。

W様邸は寄棟平屋のカッコイイお家に仕上がる予定です。

カッコイイお家も基礎が大事ですよね。
見学会のお知らせ|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
完成見学会のご案内です!!!

大原工務店では、GW明けの5/8(土)・9(日)の2日間限定で完成見学会を行います。

W様邸と同じ、寄棟屋根の重厚感のある外観になっております(こちらは二階建ての寄棟です)。

完全予約制です。

詳しくはコチラから→完成見学会

着工しました!おめでとうございます! 本宮市白岩 新築注文住宅 W様邸

2021年4月23日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは!

大原工務店 工務の太田原です(ΦωΦ)

最近久しぶりに体調を崩しました、、、
やっぱり体調管理は怠っちゃダメですね(+o+)


さて、本宮市白岩で新築注文住宅を建築中のW様邸が無事に着工しました!おめでとうございます。

ベンチマークを計測中です 本宮市白岩 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
着工と言えば、そうです‼大原工務店のブログをご覧のみなさまならもうお分かりの
【丁張検査】を実施します。

まず、丁張(ちょうはり)とは!?!?

建物を建てる際に土地のどの場所に、どの高さでお家が建つのかを表す基準となる木杭を四方に囲む工程を指します。

その丁張が図面通りに施工されているかを検査する作業が丁張検査になります。

写真に写っている、工務の加藤がなにをしているのかと言うと、高さの基準となるBM(ベンチマーク)の高さを計測しています。
丁張の高さを計測中です 本宮市白岩 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
次に、丁張の高さを計測します。

さきほどのBMと丁張の高さの差から、お客様とお打ち合わせした高さの設定になっているかを確認します。

手前のレーザーレベルという器械から出る光を受光機で受け取ることで数値をすぐ出すことができるので、文明の利器様様ですね~

高さの検査はしっかりと施工されていました~(^_-)-☆
建物の全長を計測します 本宮市白岩 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
次に、建物の総スパンを測っていきます。

少し見えにくいかもしれませんが、丁張にスケール(定規)を当てて計測します。

四方ともバッチリ施工されていました!
細かいところも計測します 本宮市白岩 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後に、細かい部分の寸法を測って丁張検査は終了となります。

1つの不備もなく、しっかりと施工されていました!!!
基礎屋さんありがとうございます~(*´▽`*)

丁張が間違えたまま進んでしまうと、最悪取り壊しなんてこともありえるので、大原工務店では必ず2人で検査を行います。

W様邸は、寄棟の平屋をチョイスされました!本宮にカッコいい平屋のお家がまた増えますね~(●´ω`●)いまから楽しみですッ!

☆★☆ご案内です☆★☆

完成見学会のご案内です 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
完成見学会のご案内です!!!

大原工務店では、GW明けの5/8()・9()の2日間限定で完成見学会を行います。

寄棟屋根の重厚感のある外観と全体的に白で統一されている室内は、見ればわかるめちゃくちゃカッコいい仕上がりとなっております!
今までの大原工務店のお家とはまた違った雰囲気を楽しめること間違いなしです(^_-)-☆

百聞は一見に如かず!完全予約制となっておりますので、少しでもご興味のある方はお早めに!!!

詳しくはコチラから→完成見学会のページ

上棟検査、受けました。二本松市 キューブ型の新築住宅 A様邸

2021年4月19日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは、大原工務店 工務の加藤です。

無事、上棟を済ませた二本松市で建築中のA様邸新築住宅で

上棟検査を受けてきました。
二本松市A様邸で上棟検査を受けてきました。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
上棟検査とは金物検査とも呼ばれている、瑕疵保険を適用するための検査の一つで、

主要構造部の柱や梁、耐力壁(筋違含む)などの施工状況や、

構造用金物の施工状況を、確認してもらう検査です。

県北の住宅センターさんに検査してもらいました。
筋違の位置と向きを確認してもらいます。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
事前に提出している図面と照らし合わせながら確認してもらいます。

柱の引き抜き金物や、筋違の向きを確認してもらいます。
ホールダウン金物もチェック|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
外壁の透湿防水シートの施工状況も確認してもらいました。

ちなみに大原工務店の採用している透湿防水シートは、

日本住環境さんのジョシーツLXシルバーです。

透湿と防水性能に加え、アルミコーティングにより遮熱性能も併せ持っています。

加藤「大原工務店、外壁面にもこだわってます!」

検査員「そうですか」
外壁シート、ジョシーツLXシルバーもチェックしてもらいました。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
防水上、外壁シートの重ね幅が重要ですが(100mm)、

ジョシーツLXシルバーなら罫線(けいせん)で施工面もばっちり。

加藤「大原工務店、施工面もこだわってます!」

検査員「そうですか」
最後に聞き取りです。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後に聞き取り、質疑応答で検査の時点で見えなくなってしまった項目、

これからの施工する項目を検査用紙に記載してもらいます。

無事合格しましたので、次は断熱材充填、気密測定に向けてかんばります。

加藤「大原工務店、気密にも力を入れてます!」

検査員「そうですか」
大原工務店のライフボックス|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
大原工務店のモデルハウス、「ライフボックス」のご案内です。

シンプルでカッコイイ、キューブ型のお家です。

モデルハウスは完全予約制です。
ご予約いただければ
平日・土日いつでも夜8時までご覧いただけます。

詳しくはこちら→ライフボックス

屋根工事、外壁工事が順調に進んでおります 郡山市深沢 新築注文住宅 K様邸

2021年4月15日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは!大原工務店 工務の太田原です(ΦωΦ)

すっかり桜も散っちゃいましたね~
つぎの楽しみはGWですね!!!
昨年のお家時間も意外と楽しめることが多かったので、今年もお家時間を楽しめられるように今から計画中です(*´▽`*)

さて、大原工務店で郡山市深沢に新築注文住宅を建築中のK様邸では、外壁工事や屋根工事が大詰めを迎えております。
屋根工事が葺き終わりました 郡山市深沢 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
屋根が葺き終わりました~

K様邸では、屋根の形を寄棟の中でも『方形屋根』をチョイスされました!

方形屋根は、空から見ると正方形になっており、どの角度から見てもバランスがよく見え、デザイン的にもオシャレに見えます!それだけでなく、直射日光や雨水などの影響を分散してやわらげるので、長期的にみても優れているんです‼
棟換気を取り付けています 郡山市深沢 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
この方形屋根で一番大事な部分が、棟換気になります。

方形屋根は寄棟屋根の一種ではあるのですが、大棟(おおむね)と呼ばれる部材がないため、屋根裏の換気を取るのが難しく、K様邸のようにてっぺんの部分で換気を取ろうとすると雨漏りのリスクもとても高い種類の屋根になります。

屋根屋さんもいつも以上に緊張するって言ってたのを聞いて、改めて雨漏りの難しさを感じました(+o+)

念入りにシーリング材も充填して頂いて、屋根工事も無事に終了しました!

外壁の下準備です 郡山市深沢 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
次に、外壁工事のご紹介です。

まずは大工さんが施工した、胴縁と呼ばれる、外壁を張る際に留め付ける下地材の確認をして、これから張っていく外壁の寸法等を計測します。
K様邸の使用する外壁材です 郡山市深沢 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
今回K様がチョイスされた外壁がコチラです!

旭トステムさんのルミナードロンテPのクリアホワイトPです!

ルミナードロンテPの特徴としては、石柄を施した、細めのボーダー柄にほどよい凹凸があります。

ほどよい高級感があるので、オシャレなの外壁の1つですね(#^.^#)
外壁張りが終わりました 郡山市深沢 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
そして、さきほどの部分に外壁を張るとこんな感じになります!

とってもいい感じですね~!!!!

K様邸は、サッシの外観色をブラックにしているので、白と黒のモノトーンな感じがシンプルかつカッコよく見えますよね~(*´▽`*)

外部の工事も大詰めです!最後まで気を抜かずがんばります!

☆★☆ご案内です☆★☆

大原工務店の新築モデルです 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
大原工務店の新築モデルハウスのご紹介です!

今回、ご紹介させていただいたK様邸に近しいモデルハウスが大原工務店には実はあるんです!
その名も『SYMPHONY』(シンフォニー)
使用している資材などは違いますが、シンプルかつカッコいいの雰囲気は十分に味わえます!

百聞は一見に如かず!完全予約制となっております。
是非、少しでもご興味のある方はお越しください(●´ω`●)
詳しくはコチラ→大原工務店のモデルハウス

気密測定、行いました。郡山市町東 S様邸新築工事

2021年4月7日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは、大原工務店 工務の加藤です。

郡山市町東に建設中のS様邸新築工事で、

中間の気密測定を行いました。
気密測定に向けて気密工事中|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
気密測定とは、建物の隙間がどれほどあるのか、を調べてもらう検査で、

高気密住宅を造るため、

大原工務店では中間時(断熱材充填、防湿気密シート施工後)と、

完成時(2回目のクリーニング後)に測定してもらいます。

写真は気密測定に向けての大工さんの様子。
気密測定用の機械|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
このバズーカ砲みたいな機械で

室内の空気を外に出すことで、室内の隙間、穴がどのくらいあるかわかるようです。

穴の大きさもある程度わかるとのこと。

詳しい仕組みはわかりません。
気密シートのふくらみはいい数値が出るフラグ|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
完成時の1回で、もし数値が悪かった場合、

どこが悪いかわからなく直しようがないので、

中間時の断熱材を充填、防湿気密層を造った段階で測定し、ダメを潰していきます。

中間時の測定値が良ければ自ずと完成時の測定値もいい数字が出ます。

ですので高気密住宅の気密測定は中間時がとても大事なのです。

完成時はあくまで確認。



気密がいいと膨らみます。気密シートが。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
測定時は大工さんにも立ち会ってもらいます。

大原工務店の基準値をクリアしなければ、次の作業ができないので大工さんも本気です。

測定値は、お家そのものの形やサッシの性能、

床下断熱か基礎断熱かなどに影響を受けますが、

泣き言は許されません。

結果は大原工務店の基準値を無事クリアできました。

大工さんも加藤もニッコリ。
最近はすんなり検査が終わります。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
ちなみに気密がいいと、

光熱費が抑えられる。

室内の温度を安定化することができる。

湿度の調整がしやすくなる。

計画的な換気ができる。

花粉などの有害物質の流入を抑えられる。

壁内結露を防ぐことができる。

など、いいことが沢山あります。

ライフボックスのご案内です。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
モデルハウスのご案内です。

シンプルでカッコイイキューブ型のお家です。

大原工務店の家造りを体感していただけます。

完全予約制で、ご予約いただければ、

平日・土日いつでも夜8時までご覧いただけます。

くわしくはこちら→ライフボックス

仕上げ工事が順調に進んでおります 郡山市安積町 新築注文住宅 H様邸

2021年4月7日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは~

大原工務店 工務の太田原です(ΦωΦ)

4月ですね~春ですね~ポカポカですね~
気温とともに気分も上がりませんか!?

さて、大原工務店で郡山市安積町に新築注文住宅を建築中のH様邸では、仕上げ工事が順調に進んでおります。先日、大原工務店 営業の星がクロスの始まりに関してブログにてご紹介させていただいたので、今回はその続きをご紹介したいと思います(^_-)-☆
クロス屋さんがパテを削って平らにしています 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
まずは、前回のおさらいになりますが、パテ処理の大詰めを迎えているところです。

パテ処理とは何かというと、ピンク色の石膏ボードを留めるためのビスの頭や、石膏ボードと石膏ボードのジョイントの部分に段差ができてしまっているので、それを平らにする作業のことです。
黄色になっているのがパテ処理をした部分です。

この作業を怠ってしまうと、仕上がりにとても影響してくるので大事な作業なんです!!
クロス工事は、パテ処理で決まると言っても過言ではないですね~
寸法を取っています 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
パテ処理が終わると、壁紙を貼っていきます。

今回のブログでは、壁紙を貼る作業に関してピックアップしてご紹介したいと思います( `ー´)ノ

まずは、寸法を測るところから始まります。
クロスを取り出します 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
だいたいの寸法が取り終わると、次に専用の機械を使用して、壁紙にのり付けしていきます。

のりが変なところに付着しないように熟練の技で壁紙をまとめていきます。

簡単そうに見えて職人の技が詰まっているんですね~(;'∀')

クロスを貼っていきます 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
そして、壁紙を貼っていきます。

壁紙と石膏ボードの間に空気が入ってしまうと、見た目が悪いだけでなく、剥がれや浮きの原因になってしまうので、しっかりと密着するように貼り付けていきます。
細部にもこだわります 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
階段部分は特に注意が必要な個所の1つですね。

デコボコが多いので、クロス屋さんもこんな姿勢になりながら貼り付けを施工しています。

作業している姿もお尻も素敵です(●´ω`●)

いつもありがとうございます!
仕上がりです 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後に、貼り終わったのがコチラになります~~~

素晴らしい職人技ですね!

H様邸は、全体的に白を基調としているので、スタイリッシュでカッコいいだけでなく、差し込んでくる光が反射して、お家全体が明るくなっているので素敵なんです(*‘∀‘)

他のお部屋や進み具合もまたご紹介したいと思います。

☆★☆ご案内です☆★☆

大原工務店の新築モデルハウスです 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
大原工務店の新築モデルハウス『ライフボックス』のご紹介です。

今回ご紹介させていただいた、クロス屋さんの職人技を確認しに来てください(笑)

それだけでなく、見どころ満載となっております。
百聞は一見に如かず!シンプルでカッコいいを体感してください!!


詳しくはコチラから→モデルハウスのページ
present