工務部スタッフブログ

基礎の立ち上がり打設しました。郡山市富田町W様邸新築工事

2019年3月24日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは、大原工務店工務部加藤です。

郡山市富田町のW様邸新築工事では、
基礎の立ち上がりコンクリートの打設を行いました。
立ち上がり打設前|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
スラブの打設が終わり、

立ち上がりの枠を組み、予定打設高さ、人通口、

ホールダウン、アンカーボルトの設置位置の確認をして、

コンクリートを打設です。
バイブレーターで振動を与えます|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
バイブレーターで振動を与え、

スラブとの接合部分に隙間を作らないように、

枠に隈なく生コンクリートが行き渡るように施工していきます。


天端を鏝で均します|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
このバイブレーター、

ただやればいいのではなく、

職人さん曰く、「コンクリートと会話するんだよ」とのこと。

かけ過ぎてもダメで、

コンクリートはモルタルと骨材(砂や小石など)でできているのですが、

振動をかけ過ぎるとモルタルと骨材が分離してしまって、

出したい強度が出なくなるらしいです。

職人さん曰く、「過ぎたるは及ばざるがごとし」。

天端を鏝(こて)で均しながら、どんどん打設していきます。
ホールダウン状況|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
打設の圧力で、固定してたアンカーボルトやホールダウンも多少動きますので再確認と微調整です。

職人さん曰く、「アンカー(ボルト)ずれてると、大工さん困るだろ?」とのこと。

素敵です。

すべての打設が終わったら、天端均し用のレベリング材をながすのですが、またの機会に。


大原工務店に協力してくれる職人さんは、
後工程の職人さんのことを考えて仕事をしてくれているイケメンばかりで、
管理側としてとても助かります。

カッコイイ家を造ってるということも理解してくれてますし。

定額注文住宅LifeBox(ライフボックス)グランドオープン 郡山市安積町
カッコイイモデルハウスのご案内です。

大原工務店では、郡山市安積町にライフボックスというモデルハウスがあります。

注文住宅なのに、金額が定額制という商品です。

見ていただきますと、大原工務店がどのようなお家作りをしているか知っていただける機会となってます。



詳しくはコチラ→モデルハウスのページ

垂木留めの施工チェックです 岩瀬郡鏡石町 新築注文住宅 I様邸

2019年3月21日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは!

大原工務店 工務の 太田原です(ΦωΦ)

3月も下旬になってきたので、桜の季節ですね~
今年の開花予想は4月の頭みたいですよ!
楽しみですね~(#^.^#)

さて、大原工務店で新築注文住宅を建築中のI様邸で先週行われた建て方の中の施工チェックをご紹介したいと思います。
建て方の様子です 岩瀬郡鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
写真は、建方の中盤の様子です。
I様邸は平屋なので、1階の梁桁が終わったところで小屋組みへと移ります。
小屋組みとは簡単に言うと、屋根の骨組みのことです~

その小屋組みの構造材の1つである、垂木の施工でチェックポイントがあるので、今回はそこをご紹介したいと思います。
タルキックⅡを使用します 岩瀬郡鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
そのポイントとなるのが、垂木の軒先の垂木留めにタルキックⅡビスを使用することです。

今まで、ひねり金物と言う金物を使用して施工をしていたのですが、タルキックⅡを使用することで、従来の1/5のスピードで施工することができます。

また、ひねり金物と同等以上の耐力があると認定されている、優れモノなんです~
垂木留めの施工です 岩田邸鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
実際に施工している様子になります~

1本1本垂木留めにタルキックⅡを施工していきます。

垂木は1本だけでなく何本も施工しなくてはいけません。時間短縮できるのは、施工する大工さん、確認する私たちにとっても、ありがたいです~(#^.^#)
タルキックⅡの施工確認です 岩瀬郡鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
施工後がこんな感じです~

垂木の施工が終わると、垂木の上に屋根の下地材となる野地板を施工していくので、野地板が施工されるとタルキックⅡが見えなくなってしまいます。
なので、施工される前にすべての箇所をチェックしていきます。

今回は、垂木留めにピックアップしましたが、次回はこの後の工程の屋根の施工ポイントについて、ご紹介したいと思います。
モデルハウスのご案内です 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ

最後にモデルハウスのご紹介です。

大原工務店では2棟のモデルハウスがあります。
平日・土日共に夜8時までご案内できます。

詳しくは
↓ ↓ ↓ ↓

配筋検査受けました。郡山市富田町 新築注文住宅 W様邸

2019年3月16日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは、工務部のセンターポジション加藤です。

郡山市富田町W様邸新築工事では配筋検査を受けてきました。
郡山市富田町W様邸新築工事の配筋検査|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
青空が眩しい配筋検査日和でした。

配筋検査とは瑕疵保険に必要な検査の一つで、
鉄筋が構造計算に基づいた図面の通りに配置されているかを確認する検査のことです。

大原工務店では自社検査とは別に、第三者機関の住宅センターさんに検査をお願いしています。
配筋検査中の住宅センターの検査員様|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
配筋は基礎の耐久性や強度への影響力が大きいので
とても重要な検査です。

しっかり施工されてなければ、構造計算をかけた意味もないですからね。
立ち上がり状況をチェック|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
立ち上がりやスラブ(底盤)の配筋状況をスタッフ(定規)を添えて写真と撮ってもらいます。

しっかり記録として残してもらいます。
配筋状況のチェック|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
他には補強筋の施工状況、鉄筋の太さ、コンクリートのかぶり厚さ、などをチェックしてもらいます。

もちろん無事検査合格で、「コンクリート打設していいですよ」とお墨付きをもらいました。
鎮め物奉納|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後に
地鎮祭で神主様からお預かりした鎮め物を建物の中心に鎮め、土地の神様に工事の安全と、

これから始まるお施主様の生活の平安を祈念します。

カッコイイお家ができますように。

できるんですねどね。フフフ



上棟しました。I様おめでとうございます 岩瀬郡鏡石町 新築注文住宅 I様邸

2019年3月14日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは!

工務の太田原です(ΦωΦ)

暖かい日が続いていましたが、ここ2,3日は寒くなりましたね~
みなさん体調管理には気を付けてください(;・∀・)

さて、大原工務店で鏡石町に新築注文住宅を建築中のI様邸では上棟しました!I様おめでとうございます~
基礎工事が終わりました 岩瀬郡鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
上棟のご紹介をする前に、まずは基礎工事が終わったところから上棟までを簡単ではありますが、ご紹介したいと思います。


写真は基礎工事が終わったところになります。
まだ殺風景な感じですよね~
これからカッコいいお家が建ちますからねー
土台れを行っています 岩瀬郡鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
基礎工事が終わるとすぐに上棟を行うわけではなく、土台入れという工程があります。


土台入れとは簡単に説明すると、柱などを載せる木材をべた基礎の上に並べていく作業になります~

写真がちょうど土台入れを行っているところです。

防蟻処理を行っています 岩瀬郡鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
そして、大工さんの土台入れが終わると、並べた木材に防蟻処理をしていきます。

大原工務店では防蟻剤に揮発性がなく、人体への毒性も食塩程度しかないエコボロンPROを使用しています‼
一般的に、防蟻剤につかわれているのは、シックハウスになる原因がある薬剤が含まれている可能性もあります(・_・;)

長く住むお家だからこそ、住む人の健康に配慮した、目に見えないところに『こだわり』を持っています!
建て方を行っています 岩瀬郡鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
土台入れが終わると、いよいよ上棟となります!

何回見ても上棟はワクワクします(#^.^#)
私だけでなく、大工さんもいつもより張り切っている感じがしますね~(笑)

ちなみに、上棟とは土台入れで並べた木材の上に柱や梁などを施工していき、最後に屋根の一番高い部材の棟木(むなぎ)を取り付けて終了となります。

今回は、上棟までの流れをご紹介させていただたいので、上棟時の施工のチェックポイントに関して、ブログでまた後日ご紹介したいと思います。
ルーフィングの施工を行っています 岩瀬郡鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
上棟の意味合い的には、屋根の木材を施工して終わりなのですが、私たち工務的には、屋根の防水シートであるルーフィングの施工が終わって上棟の終わりとしています。

後に、ガルバリウム鋼板の屋根材を施工しますが、雨や雪から水が直接浸入するのを防いでいるのは、屋根材ではなくルーフィングとなります。

ですので、ルーフィングの施工チェックはしっかりと行います!木材にとって水は天敵ですからね( `ー´)ノ
足場のシート施工しました 岩瀬郡鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
大工さん8人体制で頑張っていただいたおかげで、無事に上棟が終わりました~~~~

大工さんお疲れさまでした!


次の日には、足場のシートが施工されました~
大原工務店のイメージシートもいい感じっ(*‘∀‘)
中の様子もどんどんご紹介していきますね‼

I様、本当におめでとうございます!!!!!
I様から差し入れをいただきました 岩瀬郡鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
そんな上棟を行った、I様からお赤飯の差し入れをいただきました~~~~

I様ありがとうございました!!!

大工さんと一緒にお昼に美味しく頂きました(●´ω`●)


これからの工事もしっかりと頑張ります!!!
見学会のご案内です 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後に、見学会のお知らせです。

3/16(土)3/17(日)、郡山市安積町にある大原工務店のモデルハウス「中庭のある家」で見学会を開催します。

今回は、建物の形をコの字型にした平屋での開催です。

外からの視線が気にならない、家族だけのプライベート空間をご体感ください!

詳細・ご予約はコチラ↓

現地調査を行いました 郡山市富久山町 新築注文住宅 W様邸

2019年3月9日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは!

工務の太田原です(ΦωΦ)

先日、久しぶりにランニングをしました~
やっぱり外を走ると気持ちがいいものですね(*´▽`*)
でも次の日には筋肉痛が・・・継続できるようにしたいです~

さて、大原工務店でこれから新築注文住宅を建築予定のW様邸の現地調査を行いました。
W様邸の建築予定地です 郡山市富久山町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
大原工務店で行う現地調査とは

新築予定地の敷地調査の一環で、実際に土地を見に行き、境界や越境物の確認、新築を建てるにあたって障害物等がないか、止水栓・汚水桝・電柱の位置、道路の勾配、敷地や隣地の高さなどを調べる作業になります。

図面などは、市役所などで調べられますが、やっぱり現地がどうなっているかが、とっても大事なんです!
現地調査を行っています 郡山市富久山町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
ではさっそく現地調査の様子になります~

工務の加藤が行っているのは、汚水桝の位置の確認です。
その後、止水栓と電柱の位置もスケール(定規)で測ります。

その際に、私が図面に記入しておきます。加藤も写真に収め整合性をとります。
現地調査は2人でやることで極力ミスを防げるので、大原工務店では必ず2人で行うようにしています。
境界の位置を確認します 郡山市富久山町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
次に境界の確認です。

越境などをしていると、ご近所トラブルの原因になってしまうので建てる前にしっかり確認します。

お隣さんとは長い付き合いになるわけなので、そういうところはしっかりしなきゃですよね( `ー´)ノ
敷地の高さを測っていきます 郡山市富久山町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
境界等の確認が終わると、敷地や道路の高さを測っていきます~

その際に使われる器械が、レーザーレベルと言って光によって高さを計測する器械になります。


どのように使用するかというと・・・
敷地の高さを測っていきます 郡山市富久山町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
写真では、少し見づらいかもしれませんが
受光機と呼ばれる、レーザーを受信する器械を使用して、高さを計測していきます。
私が数値を読み上げ、その数値を加藤が図面に記入していく分担作業です。


これをしっかりやらないと、建物を建てる際に、外構計画や建物をどの高さにするのかなどが計画できないので、大事な作業なんです~~~( ;∀;)

現地調査も無事に終わったので、これからプランニングです~どんなお家になるか楽しみですね~
見学会のご案内です 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後に、見学会のご案内です。

平屋の見学会を開催いたします。

今回の平屋は、深い軒を持ち重厚感がある外観と、コの字型でプライベート空間がある平屋になっております。

北道路や狭い土地でも、日照やプライベートの庭を確保できる間取りになっています。

狭い土地や北道路でプランニングにお困りの方には必見です!!

見学会の日程は、3月16日(土)、17日(日)です。

予約制で行いますので、気になる方は是非お越しください!!!

詳しくはこちらから→平屋の見学会です。

地盤改良工事行いました。郡山市富田町W様邸新築工事

2019年3月2日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは、工務部工務課工務係加藤です。

郡山市富田町W様邸新築工事で地盤改良工事を行いました。
郡山市富田町で地盤改良工事|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
地盤改良工事とは建築物に対しての支持層(安定した地盤)があり、
その支持層までの地層が柔らかかったり、
場所によって強度が極端に違う場合に行う補強工事です。

地盤改良工事は大きく分けて3つあり、
表層改良、柱状改良、鋼管杭です。

柱状改良に使うセメント固化材|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
どれが良い悪いではなく、地盤調査の結果で工法が変わります。

今回は柱状改良です。

地盤調査の結果を踏まえ、
構造計算をして、
柱(杭)の位置を決め、
実際に図面通りに柱(杭)が打たれるかを確認します。
セメント攪拌中|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
支持層までセメント系固化材を土と混ぜながら縦穴を掘っていき、土の中で柱(杭)を作っていきます。

これを基礎下の高さまで必要本数打っていきます。

改良工事でサンプル採取|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
そして十分に攪拌して混ざった土をサンプルとして採取します。

実際に必要強度が出ているか確認してもらいます。


改良工事終わり。あとは高さをバックホーで揃えます。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
地盤改良の有無は、調査をかけないとわかりません。
日本の土壌は基本的に柔らかく、
正直、運の要素が強いです。

硬そうな土地でも調査結果を見て、
改良が必要な土地と認識することが多々あります。
もちろん反対も。

ちなみに調査はジャパンホームシールドさんに行ってもらってます。
同時に液状化の調査もしてもらってます。

調査も改良もしっかりやってもらって、
これで安心して基礎工事に進めます。

完了検査を受けました 郡山市昭和 新築注文住宅 I様邸

2019年3月2日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは!

工務の太田原です(ΦωΦ)

先日、春用に自分の部屋を模様替えをしました~
模様替えをすると、気分が清々しい気持ちになりますよね(#^.^#)
夜はまだ寒いので、少し先取りしすぎた感もありましたが・・・(笑)

さて、大原工務店で新築注文住宅を建築中のI様邸で、完了検査を受けました。
住宅センターさんによる完了検査です 郡山市昭和 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
完了検査とは、建築工事が完了した後に行われる検査で、建築基準法に基づいて行わる検査になります。
図面上は法令を遵守した建物を建てることが確認できるのですが 実際に建った建物が建築確認申請通りに施工されたのかどうかは分かりません。
ですので、検査員の方が実際に現場に来て確認されます。

今回も住宅センターさんによる完了検査を受けました。
境界の確認です 郡山市昭和 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
さっそく、検査の様子になります~まずは外の検査からです。

写真は、セットバックがなされているかの確認をしているところです。

ちなみにセットバックとは・・・
土地に接する道路の幅員が4m満たない時に、道路の中心から2mの線まで境界線を後退させることを指します。

これも建築基準法の1つで実際にスケール(定規)を当てて、2mあるか測ります。
マーベックスの確認です 郡山市昭和 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
外の検査が終わると、続いて中の検査になります。

写真は、マーベックスの本体の確認をしているとこになります。
I様邸では、換気システムに第一種換気方式を採用されているので、本体の接続の確認はもちろんのこと、各部屋ごとの給気口や排気口の位置も確認していきます。
サッシの確認です 郡山市昭和 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
続いて、サッシの種類の確認です。

I様邸の建てられた地域は準防火地域となっているため、延焼ライン内のサッシを防火仕様にする必要があります。

そのため、サッシ1つ1つ防火仕様になっているかも確認の対象となっています。
完了検査の書類をまとめています 郡山市昭和 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
外と中の検査が終わると、最後にチェックシートにまとめていきます。目視で確認できないものは、質疑応答での確認もあるので、急に質問をされるとあわあわしてしまいます。。。


今回も無事に合格できました~~~
お引渡しまでもう少しなので、最後まで気を抜かずがんばります( `ー´)ノ

見学会のご案内です 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ

最後に、見学会のお知らせです。

3/16(土)3/17(日)、郡山市安積町にある大原工務店のモデルハウス「中庭のある家」で見学会を開催します。

今回は、建物の形をコの字型にした平屋での開催です。

外からの視線が気にならない、家族だけのプライベート空間をご体感ください!

詳細・ご予約はコチラ↓

半年点検行いました。田村市船引町 新築住宅W様邸

2019年2月25日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは 大原工務店 工務部 加藤です。

先日、田村市船引町W様邸の半年点検を行いました。
W様邸外観です。田村市船引町| 郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
何度見てもカッコいいW様邸

時間が経つのは早いものですね。

玄関に取り付けたパーゴラの工事は昨日のことのように覚えております。

無機質な黒い外壁に木のパーゴラを組み合わせると、カッコイイお家が一層オシャレですね。

W様とあっという間に半年ですねと、話しながら点検を進めていきます。
長期優良点検シート|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
ちなみに、大原工務店では、お引き渡しをしてから半年、1年、2年、5年、10年の、定期点検があります。

長期優良点検シートに沿って点検していきます。
点検項目は、床、水回り、電気設備、仕上げ、バルコニー、屋根、外壁、床下、天井裏などの項目があります。

年数に応じて点検項目が変わります。


水回り等を重点的に調べます。田村市船引町| 郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
一つ一つ点検シートで確認していくと、

「そういえば・・・」

とお施主様が思い出され、

ユニットバスの蛇口カバーが変形しているとのご指摘をいただきました。

引き渡し前のお施主様検査と私、加藤による加藤チェックをすり抜けたダメが。

住んでみてから見つかる不具合があるのも事実で、
「このくらいいいや」とおっしゃるお施主様がいらっしゃるのも事実です。

だからこそ大原工務店では、定期点検で直接伺って点検させていただいてます。

W様ご家族と、記念撮影です。田村市船引町| 郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
家具も入って、素敵なリビングにて、恒例の記念撮影を行いました。

素敵な一枚をありがとうございます。

W様、次は1年点検。

引き続き、これからもよろしくお願い致します。
定額注文住宅LifeBox(ライフボックス)グランドオープン 郡山市安積町
モデルハウスのご案内です。

大原工務店では、郡山市安積町にライフボックスという新築注文住宅の商品があります。

金額が定額制です。

新築お考えの方、必見です。

詳しくはこちら
↓↓↓↓↓

完了検査を受けました 郡山市開成 新築注文住宅 S様邸

2019年2月22日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは!

工務の太田原です(ΦωΦ)

本日2/22は、2(にゃん)2(にゃん)2(にゃん)で猫の日ですね~
私にとっては、祖母の誕生日でもあるので、今度お祝いをしてきたいと思います(●´ω`●)


さて、大原工務店で新築注文住宅を建築中の郡山市開成のS様邸では、完了検査を受けました~
住宅センターさんによる完了検査です 郡山市開成 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
完了検査とは、建築工事が完了した後に行われる検査で、建築基準法に基づいて行わる検査になります。

完了検査に合格しなければ建物を使用できない他、せっかくの新築したお家が違法建築物としても取り扱われることも、、、


なので、検査が終わるまではドキドキなんです~(*_*;
今回も住宅センターさんによる完了検査です。
道路中心から境界までを測っています 郡山市開成 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
ではさっそく検査の様子になります。まずは外からの検査になります。

写真は、セットバックがなされているかの確認になります。

ちなみにセットバックとは・・・
土地に接する道路の幅員が4m満たない時に、道路の中心から2mの線まで境界線を後退させることを指します。

これも建築基準法の1つなんです~
境界から建物の距離を測っています 郡山市開成 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
次に境界から建物の離れを確認しているところになります。

こちらには数種類の規制があり、原則それら全てに適合する必要があります。

建てる建物の位置する地域によって異なっていくので、とても難しいんです~

その他も位置する地域によって検査項目が変わっていきます。


外の検査は無事に合格できました!!
各居室の確認を行っています 郡山市開成 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
外の検査が終わると、続いて中の検査へと移ります。

中の検査としては、換気がどうなっているか?
         住警器が取り付けられているか?
         図面通りの施工がされているか?
などを検査していただきます。


検査項目の結果を書類に記入しています 郡山市開成 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
各居室での目視での確認が終わると、最終的にチェックシートと照らし合わせながら1つ1つチェックをしていきます。

目視の検査と聞き取りの検査もあるので、合格の言葉を頂くまでは緊張します。。。


結果・・・
無事に合格いただけました~~~~
この言葉を聞けるとホッとします(*´▽`*)
郡山市モデルハウス「ライフボックス」公開中 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後に、モデルハウスのご案内です。

大原工務店では郡山市安積町に、ライフボックスといういつでもお見せできるモデルハウスがあります。

な、なななんと!新築注文住宅なのに、金額が定額制という商品なんです〜〜

金額がわかりやすいので、資金計画も立てやすいです♩

お時間ある方ぜひお越しください〜〜

詳しくはこちら→モデルハウスのページ

配筋検査を受けました 岩瀬郡鏡石町 新築注文住宅 I様邸

2019年2月21日|カテゴリー「家造りについて
こんにちは!

工務の太田原です(ΦωΦ)

2月なのに暖かいですね~
このまま春になっちゃうんですかね!?

さて、大原工務店で新築注文住宅を建築中のI様邸では、基礎工事の検査で配筋検査を受けました。
配筋工事が終わりました 岩瀬郡鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
配筋検査とは、鉄筋が正しく配置されているかどうかを確認する検査のことです。
大原工務店では、自社検査はもちろんのこと、第三者機関の住宅センターさんに検査をしていただいています。

コンクリートを打ち込むと見えなくなってしまうので、見えなくなってしまうところこそ大事にしていかないとですからね‼
建物の耐久性や強度に直接影響するため、とても重要な検査なんです(=゚ω゚)ノ
スラブ配筋のピッチの確認です 岩瀬郡鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
ではさっそく検査の様子になります~

まずは、スラブ(底盤)配筋のピッチの確認になります。
場所によっては、150mmピッチ、200mmピッチと構造計算に基づいた設計によりピッチの間隔が変わっていきます。

十字になるスタッフ(定規)を用いて測っていただきます。
この時に、検査員の方も検査した証拠として写真も撮って記録に残すんです。
立ち上がりの配筋の確認です 岩瀬郡鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
次に、立ち上がり部分の配筋の確認です。

ピッチが大丈夫か、ゆがみや垂れがないかなどスタッフを用いて測る部分と、目視で確認する部分などがあります。


住宅センターの方も図面を見ながらチェックしていきます~( `ー´)ノ
図面と合っているか確認していただきます 岩瀬郡鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後に全体的に図面としっかり整合性が取れているかの確認をしていきます。

今回はご紹介しませんでしたが、検査項目はまだまだあります。
使用している鉄筋の太さ・補強筋の確認・かぶり厚さの確認なども検査します。


今回も無事に検査を合格することができました~
これで基礎工事が次の工程へと進みます!
鎮めものを基礎に鎮めてきました 岩瀬郡鏡石町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
最後に、コンクリートが打たれる前に建物の中心部分の基礎の中に、鎮物(しずめもの)を鎮めてきました~

鎮物は地鎮祭の際に、神主様からお預かりします。
工事を行う土地の神様に、工事の安全とこれから始まる生活の平安を祈念するものになります(#^^#)


これからどんどんと工事が進みますので、またご紹介したいと思います~
定額注文住宅LifeBox(ライフボックス)グランドオープン 郡山市安積町 |郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
モデルハウスのご案内です。

大原工務店では郡山市安積町に、ライフボックスといういつでもお見せできるモデルハウスがあります。

な、なななんと!新築注文住宅なのに、金額が定額制という商品なんです〜〜

金額がわかりやすいので、資金計画も立てやすいです♩

お時間ある方ぜひお越しください〜〜

詳しくはこちら→モデルハウスのページ
present