敷地調査に行ってきました。郡山市開成 新築住宅 S様邸です。

こんにちは、暑い日と涼しい日が交互になって体調がパッとしない社長の大原です。

こんな日が続くと、体調を崩しやすいので皆さん気を付けてくださいね~~(>_<)

さて、注文住宅をプランさせていただいているS様の土地の敷地調査に、工務の太田原と私で行ってきました~。
敷地調査の全景写真です。
敷地調査とは、新築の住宅を建てる際に
・越境物があるのか??
・下水や水道はどのように入っているのか??
・道路と敷地の関係はどのようになっているのか??
・周りとの高低差はどうなっているのか??
etc

を現地で調査することなんです~~( `ー´)ノ

図面などは、郡山市役所などで調べられますがやっぱり現地がどうなっているのかがとっ~~~ても大事なんです~~。

まずは、全景の写真を撮っていきます。

全景の写真を撮ったら、ん??

何かの線が敷地を横断しています??

なんだ~~??と思って周り近所の方とお話をすると、これは共同アンテナで今は使用していないので切ってしまってよいとのこと!!

これで、横断している線は解決です!!
境界の確認です。
次に、すべての境界を写真を撮って確認していきます。

今回は、セットバックが必要な土地なので、セットバック後の境界をしっかりと確認しないとなんです~~(>_<)

境界も、越境もなく確認オーケーですね~~( ^^) _U~~
敷地の高さの調査です。
その次は、敷地の高さの調査をしていきます。

写真に写っているのは、レーザーレベルと言って高さを測る機会なんです~~(>_<)

どのように使うのかと言うと・・・・・・
敷地の高さ出しです。
レーザーを受信する受信機を持って、高さの計測をしていくんです~~。

太田原が受信機を持って、高さを読み上げていきます。

そして、その数値を私が記入していく分担作業です!!
新築の敷地の高さです。
隣地の敷地の高さや、道路の高さ、ブロックなどの高さをしっかりと計測していきます。

これをしっかりやらないと、建物を建てる際に、外構計画や建物をどの高さにするのかなどが計画できないので、大事な作業なんです~~(>_<)

しかも、2人でやることで極力ミスを防げるので、2人でやることも大事なんです~~。

何事も、チェックは大事なんですよ~~( `ー´)ノ
敷地調査完了です。
敷地調査も完了したので、これで住宅の高さや外構プランをしっかりとしていけますね~~( ^^) _U~~

しかも、あったかくてとってもいい日でしたので敷地調査も気持ちよかったです~(笑)
キューブ型のモデル住宅です。|郡山市 新築住宅 大原工務店のブログ
見学会のご案内です。

6月9日(土曜)、6月10日(日曜)に郡山市安積町のモデルハウスで見学会を行います。

新築注文住宅でありながら、金額が定額制というお家です。

お時間がある方は、ぜひご来場くださいね~~。

是非コチラを押してください→モデルハウスのページ
メロンパン屋さんです。
最後に、先日、田村市船引町でH様邸の見学会を開催した際に美味しいメロンパンを見つけてみんなで食べてみました~。
メロンパンが美味しそうです。
メロンパンに生クリームとバナナとチョコクリームが乗っているメロンパンのクレープのようなメロンパンなど3種類を買って~~~~~~。
メロンパンのシェアです。
みんなでシェアしていただきました~~。

美味しかったですよ~~( ^^) _U~~