外壁のニチハの窯業系サイディングの仕様決めをしました木目調の黒と白が際立つツートンカラーです。郡山市富久山町A様邸新築住宅

おはようございます。
社長の大原です。

台風が通り過ぎて、天気が良い日が続いていますね~。
そろそろ梅雨明けが近いのかな??
と感じるここ何日です。

さて、先日、郡山市富久山町A様邸の仕様決めをしました。
仕様

フローリングから外壁までとたくさんの仕様決めシートがあります。
仕様は、神谷のフルハイドアや朝日ウッドテックのライブナチュラル、ハウステックのキッチン、ユニットバス、洗面台、細かい所ですと、手摺の金物やペーパーホルダーがカワジュン製でしたりとたくさん決める事があります。

今日は仕様決めの一部ですが、外壁の窯業系のサイディングのご紹介です。
パース

外壁はニチハのサイディング16mmマイクロガードの通気金物工法です。

白と黒が光るモダンな重厚感のある寄棟の住宅です。
軒の出があり、夏の日差しを遮り、冬の低い日差しを取り入れる工夫をした注文住宅です。

シンプルでありながらもオシャレでカッコイイ住宅が当社の設計のコンセプトです。

屋根と、軒裏は黒にすることでしまった感じに仕上がり、バルコニー下は白で明るく仕上げます。
gooddesign

上には、ニチハでグッドデザインを受賞している、キャスティングウッド16mm、カーボンブラックのサイディングを使用します。
当然、マイクロガードの通気金物工法で仕上げます。
当社では、サイディング16mmマイクロガード通気金物工法が標準になっています。
キャスティングウッド

とても、木の質感が出ていて、まるで焼き杉を張ったような感覚のするサイディングです。
クロが好きな方には、とても人気のあるサイディングです。
セリオスタイル

下の部分は、ニチハのセリオスタイルのプラムホワイトを使用します。

このサイディングは、コーキングの目地が目立ちにくく、継ぎ目も目立ちにくいのでおススメのサイディングです。
現場も始まり、出来上がるのが楽しみですね~~。